講義

衛星気象学(環境学研究科地球環境科学専攻191051 令和2年度 月曜2限 環境共用館大講義室)

目的・成績評価方法など: 環境学研究科シラバス(衛星気象学) をご覧ください。

令和2年度 授業計画

5月29日:今後の講義スケジュール編成を一部変更しました。

4月19日:受講希望を頂いた学生さん宛、金曜日(17日)夕方に講義の案内を送りました。 万一受け取っていない方がいましたら、至急増永(masunaga@nagoya-u.jp)までご連絡下さい。

4月13日:今期の衛星気象学は、当面はZOOMを用いたオンライン講義とします。 ミーティングIDやパスワードなど、アクセス情報は受講者へ個別に通知しますので、 受講希望の学生さんは、なるべく4月16日までに増永浩彦(masunaga@nagoya-u.jp) 宛メールでご連絡ください。 最終的に履修登録するかどうかは未定でも差し支えありませんので、 少なくとも初回にオンライン出席を希望する場合は、ご連絡願います。

4月3日:名大本部が新たに決定した方針に従い、講義室での通常の授業は当面行わず、 デジタル授業に切り替えます。具体的な方法については、追って連絡します。

3月23日:日程を一部変更しました。

(なるべく)講義前日までに講義資料(PDF)を張りつけます。 受講生は講義資料をダウンロードできます。その際に必要な ユーザ名・パスワードは初回の講義でお教えします (または増永まで直接問い合わせて下さい)。 なお予定は変更される可能性もありますので、ときどき確認して下さい。

4/13 (講義なし)
4/20 はじめに
4/27 衛星気象観測の概要
5/11 衛星軌道の決め方
課題1
5/18 熱赤外リモートセンシング
5/25 可視リモートセンシング
6/1 マイクロ波リモートセンシング その1
6/8 マイクロ波リモートセンシング その2
課題2
6/15 衛星サウンダによる大気観測
6/22 能動センサによる大気観測
6/29 衛星アルゴリズムの基礎
7/6 衛星による雲・エアロゾル観測
7/13 衛星による降水観測
7/20 衛星観測と熱帯気象学
7/27 まとめ: 期末レポート課題

増永浩彦 ホーム

研究室のページ